Top / フウラ
HTML convert time: 0.006 sec.

フウラ

Last-modified: 2014-03-20 (木) 19:44:24
フウラ_1.jpgフウラ
種族エルフ(風乗りの一族)
出身風の町アズラン
肩書風乗り
家族父:領主タケトラ 母:カザユラ

人物

風の町のアズランの領主タケトラと、先代の風乗りカザユラの間に生まれる。
風乗りはカムシカと共にアズランに新しい風を運ぶ役割を持ち、その子孫が風乗りの役割を受け継いでいるが、フウラは母が死亡した事故をカムシカのせいとして、カムシカ嫌いになっていた。
風乗りを受け継ぎたくないがためか、アズランを離れてツスクルの村の学びの庭に入る。
しかし若葉の試練で不合格となり、失意のままアズランへ帰る事に。
彼女はケーキ神のぬいぐるみに「ケキちゃん」と名付け、肌身離さず抱えていた。

風乗り継承

アズランに帰るなり父タケトラと衝突したフウラは母の眠る風泣き岬に向かうが、そこで魔物に襲われたところをカムシカに助けられる。
カムシカが未だ母を想っていることを知ったフウラは、風乗りを受け継ぐ事を決意する。
主人公の帯同で風乗りの儀式を行うための風のころもを取りにスイの塔に入ったフウラだが、そこで怪獣プスゴンと遭遇。どさくさの末にケキちゃんを彼に譲る形で手放してしまう。
風のころもを手に入れたフウラは無事に風乗りを継承し、アズランに新しい風を運んだ。

その後

その後も何かあるごとに父と衝突しているようである。
ケキちゃんもこれまたどさくさの末にフウラの元に(買ってもらってないぬいぐるみ達と共に)帰ってきたが、父と衝突してイラついていたためか、まとめて箱に放り込んでしまった。